zarlo
zarlo.exblog.jp

フツフツと涌き出るZarloな気分。1/2日本+1/4スカンジナビアン+1/4アングロサクソンなのに何故かラテン系気質の孫達に振りまわされる日常です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
LINK


今日もコツコツ鉄に向かっています。

自分らしい住まいと暮らしを見つけるウェブマガジン


Arts & Kids

::<Galerie& Craft>::

ギャラリー・シュタイネ
安曇野の静かな森に佇むギャラリー
MIKKA WEB
ポップでエネルギーのある現代アートミカチャンワールド 元気もらえます。
ひつじ屋さんBLOG
安曇野の道祖神的カフェ

水晶山気まぐれカバン店

安曇野の心地よい磁場
Kurashi no Pocket
honeymooner's beam
une-pivoline小さな手作りのお店
生活の中の針仕事瑞々しい作り手
::::<Paradice>:::::

mochi mochi

南国ムツゴロウ暮らし
カメラと一緒にパリでお散歩*

眼にも心にもおいしいパリ暮らし
haranaの屋根裏部屋
暖かなまなざしで綴る比国
わちがい
レトロモダンな心地よさ
呑ん子の放浪記
京女呑ん子さんの岳都大町
屋久島の日常
元スタッフワッシー頑張る
::::Gardening:::::

安曇野ローズコテージ


安曇野ばら園奮戦記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Four letters of love
c0039928_23203589.jpg

久しぶりにまったり読書。アイルランド人が書いたアイルランドが舞台の、二つの家族の歴史と過酷で不思議なラブストーリー。絶望と諦念が寄り添うところに神と人とがとても近くにいて、時に交錯し、奇想天外としか思えないことが次々と起こるのだけれど、それがすんなりと受けいられていくのは、背景にあるアイルランドの美しく厳しい風土によるものかもしれない。
とにかく細かな描写、言葉の美しさが際立っている。

一度いかねば!アラン諸島に編み棒持って!

冒頭の”手紙が恋人たちの道をひらく” というのを読むとアイリッシュの皮肉さがわかる。
[PR]
by zarlo | 2005-02-01 23:41
赤頭巾ちゃん気をつけて。
c0039928_18462851.jpg我が家の人気お人形が亡き父の海外旅行土産の赤頭巾チャン。
一体で三変化。黒いお下げが素朴な少女もいずれは老いて老婆となり、その内心には牙剥く狼を飼っている??んじゃなくって・・・赤頭巾ちゃんのスカートをえいっと裏返して逆立ちさせるとおばあちゃん、そのお帽子をくるっと後ろにはぐると、ちょっと甘めの狼さん登場!ここで小さな子供は怖がってエーンエーン!!
お話の小物として使えるなかなか優れものです。
それにしてもこれメイドイン・タイランド。確かヨーロッパ土産だったのに??・・・
c0039928_1850572.jpg
c0039928_185114100.jpg


[PR]
by zarlo | 2005-02-01 18:51 | craft