zarlo
zarlo.exblog.jp

フツフツと涌き出るZarloな気分。1/2日本+1/4スカンジナビアン+1/4アングロサクソンなのに何故かラテン系気質の孫達に振りまわされる日常です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
LINK


今日もコツコツ鉄に向かっています。

自分らしい住まいと暮らしを見つけるウェブマガジン


Arts & Kids

::<Galerie& Craft>::

ギャラリー・シュタイネ
安曇野の静かな森に佇むギャラリー
MIKKA WEB
ポップでエネルギーのある現代アートミカチャンワールド 元気もらえます。
ひつじ屋さんBLOG
安曇野の道祖神的カフェ

水晶山気まぐれカバン店

安曇野の心地よい磁場
Kurashi no Pocket
honeymooner's beam
une-pivoline小さな手作りのお店
生活の中の針仕事瑞々しい作り手
::::<Paradice>:::::

mochi mochi

南国ムツゴロウ暮らし
カメラと一緒にパリでお散歩*

眼にも心にもおいしいパリ暮らし
haranaの屋根裏部屋
暖かなまなざしで綴る比国
わちがい
レトロモダンな心地よさ
呑ん子の放浪記
京女呑ん子さんの岳都大町
屋久島の日常
元スタッフワッシー頑張る
::::Gardening:::::

安曇野ローズコテージ


安曇野ばら園奮戦記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ローストチキン覚書
FBを始めてから滞りがちになっているblogの更新。
でもそれだけに大切なこと、忘れてはいけない事を書きとどめておこうと思いました。

昨日作ったローストチキンのレシピ
来年用に反省と考察

c0039928_9565137.jpg


材料
丸鶏肉 両手にずっしり来る大きさ
栗、クコ、おこわ
塩麹、クレイジーソルト

手順
①、焼く前日に鶏を良く洗い、内外共に塩麹をこすりつけビニール袋に入れ冷蔵
②もち米でおこわを作っておく(今回はストックしてある中華おこわを活用)
③約時間くらい前に室温に戻し、水分を拭き取って内側にクレソルを振る
オーブンを230度くらいに温める
④おこわに栗、クコを混ぜる
⑤鶏の首の穴をふさぎ④を詰める
⑥お尻を閉じて足を縛る
⑦天版にクッキングシートを敷いて四隅を捻って絞り鶏を置く
⑧まんべんなくオリーブオイルを塗ってオーブンへ、20分焼く
⑨180度に温度を下げて途中でしたたり落ちた油を掛けながら約1時間焼く
⑩じゃがいもをくし形に切り堅めに調理、リンゴ、玉ねぎもくし形に切って仕上がりの20分前くらいに鶏と同席させる。

反省点
おこわを入れる時あまり詰めすぎない
焼き加減を見ながら温度を調節した方が良い

考察
今まで洋風にしていたフィリングを中華風にしたことであっさりとした仕上がりになり次の活用法が出た。
来年は卵を入れよう!
塩麹を使うことによりうまみと柔らかさが増した。
チキンは大きめを使う方がおいしく柔らかくできる。

活用法
骨とフィリングのおこわ部分を水を加えて煮てサムゲタン。生姜とネギ、クコを増量
たっぷり残ったチキンでサラダ
ゼラチンで固めてテリーヌ予定
[PR]
by zarlo | 2013-12-25 10:18 | レシピ