zarlo
zarlo.exblog.jp

フツフツと涌き出るZarloな気分。1/2日本+1/4スカンジナビアン+1/4アングロサクソンなのに何故かラテン系気質の孫達に振りまわされる日常です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
LINK


今日もコツコツ鉄に向かっています。

自分らしい住まいと暮らしを見つけるウェブマガジン


Arts & Kids

::<Galerie& Craft>::

ギャラリー・シュタイネ
安曇野の静かな森に佇むギャラリー
MIKKA WEB
ポップでエネルギーのある現代アートミカチャンワールド 元気もらえます。
ひつじ屋さんBLOG
安曇野の道祖神的カフェ

水晶山気まぐれカバン店

安曇野の心地よい磁場
Kurashi no Pocket
honeymooner's beam
une-pivoline小さな手作りのお店
生活の中の針仕事瑞々しい作り手
::::<Paradice>:::::

mochi mochi

南国ムツゴロウ暮らし
カメラと一緒にパリでお散歩*

眼にも心にもおいしいパリ暮らし
haranaの屋根裏部屋
暖かなまなざしで綴る比国
わちがい
レトロモダンな心地よさ
呑ん子の放浪記
京女呑ん子さんの岳都大町
屋久島の日常
元スタッフワッシー頑張る
::::Gardening:::::

安曇野ローズコテージ


安曇野ばら園奮戦記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クリスマスに石炭?
c0039928_14115773.jpg

時々お邪魔している
ひつじ屋さんのCafe de 英会話
まじめおかしい英国紳士ルイス先生と
優しい突っ込みのりょうこさんのベストコンビで
毎回楽しく勉強させて頂いていますが
単に英語の学習にとどまらず
英語圏の風習や暮らしぶりがわかってなかなか面白い

前回はクリスマスについてでしたが
その中でCoal for Christmasと言うのがあって
サンタさんが悪い子に呉れるプレゼントだとか
クリスマスの朝、ストッキング(英国ではある程度の長さの靴下はストッキングと言うのですって)
に石炭しか入ってなかったらショックでしょうね~。
「いい子にしないとクリスマスにはサンタさんが石炭しかくれないよ」と
ママが脅したりするのかな?

英国のクリスマスメニューはやはりローストターキーにクリスマスプデイング
ターキーはやはり大きいのでクリスマス以後も食卓に登場
サンドイッチ、サラダ、ピザ・・・と姿を変えるも
もう飽き飽き・・・と言った気分になるとか

クリスマスプディングは
フルーツたっぷり、ブランデーたっぷりのフルーツケーキ
仕上げにブランデーをたっぷりかけて火をつけるとか
かけすぎ注意でこれが原因で天井に焼け焦げが出来たり火災になったり・・・
とてつもなくアルコールと糖分たっぷりのケーキは
冷蔵庫の無かった時代、保存性と消毒を考えての事とか

もうひとつ面白かったのが
kissing underneath the mistletoe
ヤドリギ伝説
クリスマスヤドリギの下で出会った男女はキスしなくてはいけないとか
トマス・ハーディの悲しい小説「テス」を思い出しました。
これってMUSTみたいなので後ろ手に何か隠してそうなおじさんは要注意とか

月二回、毎回ネイティブならではの生活文化を
りょうこさん特製のお茶とお菓子を頂きながら楽しんでいます。

次回は1月15日 午後7時半から2時間。手持ちの英語で会話を料理
たとえば「地球儀」という言葉を知らないとき「丸くて」「地球を表わしていて」「手で回せて」
とかで表現していく そんな方法を伝授してくださるそうです。
入会金なしの単発参加も可能。
楽しいですよ。

c0039928_13291055.jpg

我が家は老人4人に合わせて小ぶりなローストチキンを焼きました。
中身はもち米と栗たっぷり
[PR]
by zarlo | 2010-12-25 11:48 | 安曇野