zarlo
zarlo.exblog.jp

フツフツと涌き出るZarloな気分。1/2日本+1/4スカンジナビアン+1/4アングロサクソンなのに何故かラテン系気質の孫達に振りまわされる日常です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
LINK


今日もコツコツ鉄に向かっています。

自分らしい住まいと暮らしを見つけるウェブマガジン


Arts & Kids

::<Galerie& Craft>::

ギャラリー・シュタイネ
安曇野の静かな森に佇むギャラリー
MIKKA WEB
ポップでエネルギーのある現代アートミカチャンワールド 元気もらえます。
ひつじ屋さんBLOG
安曇野の道祖神的カフェ

水晶山気まぐれカバン店

安曇野の心地よい磁場
Kurashi no Pocket
honeymooner's beam
une-pivoline小さな手作りのお店
生活の中の針仕事瑞々しい作り手
::::<Paradice>:::::

mochi mochi

南国ムツゴロウ暮らし
カメラと一緒にパリでお散歩*

眼にも心にもおいしいパリ暮らし
haranaの屋根裏部屋
暖かなまなざしで綴る比国
わちがい
レトロモダンな心地よさ
呑ん子の放浪記
京女呑ん子さんの岳都大町
屋久島の日常
元スタッフワッシー頑張る
::::Gardening:::::

安曇野ローズコテージ


安曇野ばら園奮戦記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
水の羊 
安曇野スタイルの会期中結構人気だったのが
c0039928_16147100.jpg

羊毛糸紡ぎでした。
ふわふわの羊毛が1本の毛糸になっていくその過程が
初めての方には珍しく楽しいものであったようです。
久しぶりで踏んだ糸車のペダルは軽く
ひつじに関わって来た四半世紀の時間をゆっくりと紡ぎ出して
忘れていた何かがコトリと心の中で実った気がしました。

私にとってひつじとの出会いは決してハッピーなものではなかったのです。
その当時地域振興のためゲレンデを利用して食用羊(サフォーク)を飼い始めました。
うねるような活気の中で 
観光協会員総出で放牧、飼育、そして秋のラム肉祭り。
大盛況でしたね。おいしかったですね。でも義務義務義務仕事仕事・・・

そして春の毛刈り。
なれない牧童さん達が刈った毛は短く食用羊の毛はぼそぼそしていました。
皆で汚れきった毛を洗い、ほぐし、綿のようにカードしやっと紡げます。
初めてのことでなかなか思うようには行かず
しなやかな糸にするのは至難の業でした。
お祭りに出品する為のノルマもあったりして
結構辛かったりもしました。

それでもだんだん仲間も出来面白みも増し
フエルトや染め、織りにも取り掛かるようになりました。
その後景気のかげりと時期を同じくして牧場は閉鎖。
ひつじからもなんとなく遠ざかっていましたが
体は覚えていました羊のぬくもりを
またゆっくりとはじめようかと思っています。

なんたって私は水の羊 洋子ですから。

c0039928_1601249.jpg

素適なクリクリカールの羊さん
スウエーデンと英国からやって来ました。
こんなハンサムさんもいるんですね。
c0039928_1605777.jpg

枠で織るか?スピンドルで紡ぐか??悩み中
c0039928_1611371.jpg

これ病院の待合室でやろうかな?
[PR]
by zarlo | 2008-11-14 20:35 | craft